債務整理の任意整理という方法では必要以上につけられた高い金利の差額を返してもらえるので借金が減らせます。

借金しすぎで任意整理した人の体験談
Topics
借金しすぎで任意整理した人の体験談

債務整理の任意整理という方法とは

借金の金額が大きくなってしまって返済に困っている人が増えているようです。家計を圧迫しますし、借金の取り立ての電話や訪問に精神的に追い詰められながら過ごすという人も少なくないでしょう。放っておけば借金はなかなか減らず今後も長く返済し続ける可能性もあり得ます。借金はこのまま払い続けなければならないのでしょうか。借金によって悩んでいる場合は、債務整理の手続きを行うのも解決につながります。債務整理を行うと信用情報の期間にブラックリストとしてデータが残ってしまうのですが、メリットもたくさんあるので、弁護士に相談してみるとよいでしょう。最近は金利の過払いによって借金の金額が大きくなってしまっている人が増えており、これは任意整理によって解決することが可能になります。

利息制限法により金融業が融資を行う時にの上限金利が定められています。金利は29.2%を超えると罰則を受けます。しかし、金融業者は29.2%を越えなければ上限金利より高い金利で融資をしても罰則されないのです。そのため、上限金利の15%〜20%という金利よりも高い金利で融資を行う金融業者もいるのです。任意整理では、そこで発生する必要以上に高くなっている金利の差額分に着目し、もし必要以上に高い金利を払い続けてきたことが分かれば、その差額分を返してもらいます。差額分は残りの借金の元本から引くので、残りの借金が少なくなります。もし、債務整理の手続きによってこのカラクリに気付くことがなければ、このままずっと高い金利を支払って行くことになるのかもしれないのです。

疑問で終わらせない、このサイトでチェック