債務整理には払い過ぎた金利を返してもらう事で残りの借金を減額する任意整理という方法があります。

借金しすぎで任意整理した人の体験談
Topics
借金しすぎで任意整理した人の体験談

借金を減額できる債務整理の任意整理

長期間にわたって消費者金融に借りたお金の返済を続けているが、借金が減らず困っているいう人は案外多いようです。また、あちこちから借金を重ねている多重債務は、返済する金額が大きくなるために生活を圧迫することもあります。債務整理には任意整理や自己破産など借金に苦しんでいる人を再生する方法があります。自己破産に至るほどではないが、借金によって苦しんでいるという場合は、弁護士に任意整理の相談をしてみてはいかがでしょうか。

任意整理とは、弁護士、司法書士を通して債権者に借金を減額するように交渉してもらう債務整理です。任意整理の依頼をすると弁護士の手続きにより債権者が債務者に取り立てをすることができなくなります。弁護士は、借金の契約をした時点にさかのぼって借金の内容を見直します。罰則を受けない範囲で必要以上に高金利でお金を貸しているために、債務者の負担が大きくなっているケースが多いのです。つまり、払わなくても良い利息分まで払ってきたことになります。そのため、その差額分を元本から差し引くことで残りの借金を減額することができるです。また、必要以上に高い金利で契約していなかった場合でも任意整理により以降は金利なしで返済するように手続きをすることができます。いずれにしても任意整理をすれば今まで困難だった借金の返済が楽になるメリットができるわけです。依頼をすれば弁護士、司法書士のほうで手続きをしてくれるので意外と簡単です。一人で悩んでいるよりも早く相談してみた方が気持ちも楽になりますし解決につながると思います。

疑問で終わらせない、このサイトでチェック