任意整理という債務整理は、弁護士を通して債権者に借金の内容を見直してもらうよう交渉する方法です。

借金しすぎで任意整理した人の体験談
Topics
借金しすぎで任意整理した人の体験談

任意整理という債務整理の方法について

借金の返済に困っている人の借金の整理をするのが債務整理です。その中で任意整理について説明します。任意整理というのは、話し合いによって借金を整理することです。つまり示談によって借金の内容を調整し、債務者が返済しやすくなる効果を得る方法です。自己破産などと違って裁判所を通さず、弁護士や司法書士を通して、債権者に示談をしてもらうといった形になります。借金の内容を見直すことで、利息を見直したり、月々の返済額を調整するといった手続きを取ります。長期にわたる借金により、払わなくても良い利息を払い続けていた場合があれば、その利息分を残っている借金の元金に当てて残っている借金の金額を減らしていくなどの手続きを行います。

長期にわたって借金の返済に苦しむ債務者の中には、こうした余分な利息の存在に気づかない人も少なくありません。もし借金の返済額が大きくなってきていつまでたっても完済のめどが立たない場合は弁護士に相談してみると良いでしょう。弁護士は、こういう問題の交渉に入るプロですので、債権者のほうも示談によって任意整理に応じてくれるようになるでしょう。また、弁護士に任意整理を依頼するだけでも取り立てを止めさせるメリットもあります。弁護士が任意整理の依頼を受けると債権者に受任通知を送りますので、それと同時に債権者は債務者に取り立てをすることはできなくなるからです。任意整理は簡単に手続きができる債務整理なので、借金の返済が何年も続いている人は相談されてみてはいかがでしょう。