債務整理を減額方向で考えるのであれば、専門家仲介の任意整理です。費用も分割可で対応するところも増えています。

借金しすぎで任意整理した人の体験談
Topics
借金しすぎで任意整理した人の体験談

借金減額で考える債務整理は専門家への相談による任意整理で。。

借金を長期間抱えていると、何とか返さなくてはと借金を新たに作る方向へも走りがちです。借金を借金で返す自転車操業的な返済方法では、借金をつくる手段をなくすと、たちまち行き詰ってしまいます。できるだけ早く債務整理の方向を舵を切ること、これが大切なのですが、その時に二の足を踏むのが手続きや費用面ではないでしょうか。債務整理でも費用は掛かります。増して、その日暮らしの状態では費用の工面さえ困難な時があります。近ごろの傾向として司法書士事務所が借金問題解決の窓口になっています。また、相談料無料で受けつているところがある他、着手金や成果報酬などの掛かる費用についても分割払い可で受け付けているところもあります。弁護士事務所でも気軽に相談できるところもあり、債務整理の相談場所は広がっています。様々な整理方法がある中で任意整理を選択すると、裁判所への手続きと開始に債務の返済をストップさせることができます。任意整理が完了するまでの間、今まで月単位で支払っていた借金返済分を整理費用に充てることもできます。

任意整理と同じく債務総額を減らして返済する特定調停は個人で裁判所への手続きするので、費用面では安価です。しかし、債権者である金融会社の所在地を確認する上で法人登記簿謄本を取り寄せる必要も出てくるで、これに掛かる手間を考えると専門家に一任して進める任意整理の方がラクに事を運べます。私の経験談ですが、特定調停を選択して裁判所での手続きに必要な書類をまとめるのに約1ヵ月ほど掛かりました。1ヵ月と言うと、次の返済日も考慮しなければならない期間です。次の返済日がこないうちに、早めに手を打ちたいのであれば任意整理がおすすめです。私が選択した特定調停の場合、債務の減額が決まったのは書類の手続きから約3ヵ月です。これも一つの目安で債務額や手続きする日により異なりますが、できるだけ早く解決を望むなら専門家への相談による任意整理です。

疑問で終わらせない、このサイトでチェック